文学処女 7 (7巻) | 中野まや花

文学処女 7 (7巻)



中野まや花

「俺は…誰も愛せない」満月の夜、自身の胸の内を打ち明ける加賀屋。かつての恋人・千夜香の幻影を今も追う悲しき告白に、鹿子が出した答えとは――過去に囚われた悲恋が慟哭する、第7集。

サンプルを読む

関連記事
スポンサーサイト



最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
フリーエリア