魔夜の娘はお腐り咲いて【単話】 (6) (6話) | 山田マリエ

魔夜の娘はお腐り咲いて【単話】 (6) (6話)



山田マリエ

「いやいや魔夜さん、どう考えても無理でしょう?」――いつの間にか膨れあがった家賃滞納額は1200万円…。魔夜と相手方の行政書士さんとの間で激論が交わされるが…/重苦しい空気のなか、体も心も壊していく娘。再びあの日のような幸せな家族に戻ることができるのだろう,,,

サンプルを読む

関連記事
スポンサーサイト



最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
フリーエリア