君のためのビーナス (1巻) | 高野きか

君のためのビーナス (1巻)



高野きか

20××年の秋。15歳の夏生(なつお)は、同じバレエ教室に通っていた幼なじみの女の子’きさら’の「死」に、涙の1つも流せない自分に苛立っていた。そして2年の時が経ったある日、高校生になった夏生の前に、突然’きさら’と同じ姿をしたAIが現れ──。憧れや悲し,,,

サンプルを読む

関連記事
スポンサーサイト



最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
フリーエリア